人を知る
PERSON

林 晃平
林 晃平

2011年度入社

電気電子工学科卒

供給部 工事グループ 内菅工事チーム

久留米ガスを志望した理由を教えてください。

地元に貢献できる仕事を希望しており、特にインフラ関係の仕事に携わりたいと考えていて、久留米ガスを志望しました。それまでは暮らしの中で、ガスに関わることは少なかったのですが、趣味の山登りでガスボンベを使ってスパゲッティやカップラーメンを作っており、ガスに対しては身近で暖かなイメージがありました。暖かなガスを通じて久留米というなじみ深い地元に貢献していきたいと思っています。

現在担当している仕事内容について教えてください。

お客さまの住宅やマンション・ビル等でガスを使っていただけるよう、新しくガス管を通す工事の管理・検査を行う仕事です。大手のハウスメーカーや地元の工務店、大規模な建築会社と関わることが多く、どちらかといえば建設業に近い仕事だと思います。
入社当初はガス会社と建設業との結びつきがイメージできずに戸惑うことが多かったですが、建設関係の様々な業種の方と一致団結して、お客さまの新しい住宅を作り上げていくことは新鮮な喜びでした。
分譲マンションや商業施設等、大型建築物の建設工事でガス工事の管理をする際は、建築会社を中心とした大きな組織の一員として協力・調整しながら工程を進める必要があり、工事の規模が大きく、工期も長期に渡るので大変ですが、その分それが完成したときの喜びもひとしおです。

仕事でのやりがいを教えてください。

建物の建築工事に携わり、新たにお客さまにガスを使用していただくことに喜びを感じます。建築工事では、ガス管を美観良く、建物と調和して設置することを考えて計画を立てます。
建物が建つまでは各建設関係業者の方との打合せ等で苦労することが多いですが、打合せ通りにガス管工事を管理できたり、ガス給湯器用のリモコンやガス栓などの位置についても、綺麗な配置に収めることが出来た時にはとても達成感を感じます。最終的に書類作業まで完了し、ガスの図面を管理部署に引き渡すと、「また新しいお客さまにガスを使っていただける」と実感が生まれ、大変充実した気持ちになります。

印象に残っているエピソードを教えてください。

マンションの新築施工管理の際に私が建築物の構造をよく理解しきれておらず、工程の調整不足から、急に明日にでもガス工事をしなければならないという事態が発生してしまいました。建築会社さまや設備会社さまに大変迷惑をかけてしまい、対応に困ってしまいましたが、先輩に部材の手配を手伝って頂いたり、施工スケジュールを他の物件と調整して頂いて、どうにか期限までに現場を収めることが出来ました。関係各所への対応方法にも、相談に乗って頂き、非常に有難かったです。建築会社や設備会社に対しても、期限までに対応できたことで信頼を失わずに、今では失敗を笑い話にできるほどの関係性を築くことが出来ました。
この経験から、様々な業種の方と力を合わせて建築物を作り上げていくということを改めて肝に銘じ、どんな状況にも対応できて、頼りにされる「ガスマン」として成長していきたいと強く思いました。

 

久留米ガスの魅力は何だと思いますか?

久留米ガスの魅力は、人間関係にあると思います。先輩には業務内容やプライベートの相談まで幅広く、気軽に応じてもらえます。
また、自分の意見を尊重してもらえる環境があり、業務の改善提案にも真剣に耳を傾けてもらい、充実した気持ちで仕事が出来ます。

福利厚生も充実しており、住宅補助や各種手当など、会社からの心強いサポートを感じられます。

 

一覧を見る